朝の気温が高かった

2008年 12月 22日

c0177264_15543284.jpg

(酔っ払いながら入ったスーパーでふと買ってみた絹の厚揚げをじっくり炒め、小松菜を加えてから、粒マスタードとみりんで味付け。小松菜にはあまり火を通さなかったので、シャキシャキして美味かった。久しぶりに味噌汁以外の大豆製品を食べたような気がする。)


二日酔い・・・。

昨夜はクリスマスパーティがあって、二子玉川まで行ってきた。

歩いていると汗ばむほどの陽気で、その暖かさは夜になっても続いていた。

それにしてもよく飲んだ。

例に漏れず記憶の一部を失っている。

今回の"小人"さんは、出かけるときに押し入れの奥の方から取り出した鞄を、また同じ位置に戻してくれていた。

今朝、「あれ?あの鞄どこいったんだろう?」とはじめは本気でわからなかったのだ。

二日酔いだけど、食欲はあるようで、りんごを切って食べる。

もちろん梅醤番茶も飲んだ。

二日酔いにとても効くので。

ひさしぶりに梅干しをすり鉢ですって作った。

やはりきちんと作ると美味しい。

朝のうちは昨日の暖かさが残っていて、ぽかぽかした春の陽気。

今日も布団を干す。

カラダから酒臭が出て、布団についてしまっただろうから。

布団を取り込む頃には陽は射さなくなっていて、肌寒くなってきた。

いつのまにか空は雲で覆われて薄暗くなる。

なんだか雨が降りそうだなと思っていたら、強い風とともに降ってくる。

こんな日は部屋に引きこもるのに限るな。

二日酔いで弱っているから出かける気にもなれんが。

あぁ、今日、有休を取っておいてよかった。

本を読んだり、PCをいじったり、テレビをみたりして過ごしている。

図書館で借りてきたユーミンの古いアルバムを何度も繰り返し聴いている。

子供の頃にはあまり理解できなかった曲の良さを感じている。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-22 15:59 | ある日の出来事