カテゴリ:こんなの飲んだ( 13 )


「麦とホップ」新旧のみ比べ

2010年 02月 05日

c0177264_23491482.jpg

ビールは高いので、普段は第3のビールを買っている。

発売当初は、缶のデザインが「これどうよ?」と思うところがあったが、リニューアルしてすっかりカッコよくなった、サッポロ「麦とホップ」。

私はサッポロです。

さらなるリニューアルで、かわいらしい感じになったような気がする。

いつもの安いスーパーで旧デザインのを買っていて、それがまだ残っていたので飲み比べ。

先に日本酒を飲んでいて、すでに酔っ払っていたので、細かいところを確認することは出来なかったが、とにかく言えることは「どちらも美味しい」。(どちらかといえば、気分的にも新しいほうが美味しく感じたかも。)

そりゃビールに比べて薄いだろうが、第3のビールや発泡酒独特の甘さ(なんとかビールっぽくしようとした結果の甘さ?添加した糖類の甘さ??)がないのがいい。

そういう点では、発泡酒でアサヒ「本生」の青色のは、辛口で甘さもそんなに無くて結構好き。

ビール類が新しく出るたびに、とりあえず買ってはみるけれど、続けて買うのって、やっぱり「麦とホップ」になってしまう。

何より安い!

一本108円ですぜ。

とはいえ。

たまにエビスを飲むと「うまーい!!」となるから、エビスで冷蔵庫をいっぱいにしたい。
[PR]
by benji_rara | 2010-02-05 08:55 | こんなの飲んだ

勢い余ってドライをもう1本。

2009年 11月 16日

仕事の量が多いのもあるが、各々の言い分を主張し合って、ギクシャクしている。
人が集まると、大きなエネルギーが生まれる。
それは正負、どちらも生まれてくる。

さて、今夜の晩飯はどうしようかね。
スーパードライがたくさんあるし、日本酒も残ってるし。
おにぎりを買って帰ろうかね。

白米おにぎり(おかか、昆布)、玄米おにぎり(梅)。
紫大根とインゲンのマヨネーズ和えといっしょに温める。
昨日のJINを観ながら食べる。

このドラマ、視聴率がぐんぐん上がっているとのこと。
その理由は分かる。
回を重ねる毎に面白くなっているのだ。
来週の予告がこれまた面白そうで、楽しみだ。
今観ているドラマはこのJINだけ。
落ち着いた頃にコミック本もレンタルしてみよう。

晩御飯を終えると、それほど酔ってない。
明日から天気が悪いみたいだ。
そうだ、ジムに行こうか。
風呂だけ入ろうか。
いや、トレーニングも少ししようか。
15分筋トレ、10分ウォーキング。

風呂にゆっくりつかって帰る。
またスーパードライ。
出かける前に仕込んでおいた、ごぼうと厚揚げの煮物。
この厚揚げはパサパサして美味しくない。
勢い余ってドライをもう1本。
今日は全部で3本飲んだ。
うーむ、飲みすぎだ。

寝たのは23時30分ごろ。
タオルの乾燥は40分ほど。
洗濯はよほどのことがない限り毎日だ。
[PR]
by benji_rara | 2009-11-16 23:59 | こんなの飲んだ

最近飲んだ日本酒たち。

2009年 11月 14日

日本酒を買うのはいつも同じ店。
大抵は、一人で飲むか、ご近所の旦那と飲むか、のどちらか。

c0177264_18136.jpg
「美味い!こりゃ美味い!」と言わしめた名酒。聞いたことのない蔵の、普段はあまり選ばない純米酒。これがまるで吟醸のような辛口スッキリさ。甘さもほどよくあって、そう、これは上質の白ワインみたいだ。豚肉と葉野菜たっぷりの鍋といっしょに。


c0177264_1813251.jpg
酒屋で試飲会が開かれて、旦那と意見が一致して選んだもの。7種類ほどの日本酒を飲んだ中、一番記憶に残った味だった。売れ行きも一番良かったように思う。スルスルと飲める軽やかさ。酸味が少々高め。キリッと冷やすのがいい。餃子と野菜の鍋といっしょに。


c0177264_1814743.jpg
これは今日かったばかり。これから飲みマース。(追記:飲みました。本醸造らしい甘みと香りが口に広がり、その後にキリッとした辛さが続く。大衆居酒屋で飲む日本酒といえばこんな感じ、という味。それの少し上品なタイプ。)


(11月 08日に写真を追加しました。珈琲を淹れている中林さん。)
[PR]
by benji_rara | 2009-11-14 18:12 | こんなの飲んだ

スズヨシさん、バーへ行く。

2009年 10月 15日

仕事がたまってなかなか終わらない。
夕方以降に集中するので、それをなんとか分散させようと、フローの見直しを行うべくあれこれ話し合う。
とりあえず、ある方法に変えてみましょうということになる。
きっとマシになるはずだ。

メンバーの人と話しこんでいると時間が経ってしまって仕事が終わるのが遅くなる。21時過ぎに会社を出る。

「この時間になったのなら・・・」と、腹ごしらえしてから(晩飯をこんな遅くまで我慢できるようになったのがすごいと思う)、以前よく通っていた"いつものバー"へ行く。
職場の近くに店があるので行きやすくなった。

先月も、職場が今のところに変わってからすぐにお邪魔したのだが、1時間ぐらいでものすごく混雑したので今日もそうなるかと思いきや、2~3人ぐらいでリラックスした空気が流れていた。
明日も仕事だし、あまり長居することなく帰る。
ビールを1杯だけ。

来週末に会う友人の誕生日プレゼントを買った。
この友人とは4年ほど誕生日プレゼントを贈りあっている。
大人になってからできた友人と贈りあえることになるとは、子供のころの自分は想像もしていなかった。

コミック本に夢中になっていると1時を過ぎていた。
5時過ぎには目覚ましが鳴るようになっているので、明日は果たして起きれるだろうか。
[PR]
by benji_rara | 2009-10-15 23:32 | こんなの飲んだ

マヤビニックの珈琲豆。

2009年 09月 22日

c0177264_1021212.jpg

Bun Bunさんの珈琲豆定期便をずっと利用しています。

自宅まで届けていただく豆の種類はBun Bun 近藤さんにお任せしています。

今回届いたのは、マヤビニックの珈琲豆。
グラウベル狩野さんがまとめてメキシコから仕入れた豆です。
自家焙煎人の方々に小分けしているとのこと。

気温の高い夏は焙煎が難しくなると近藤さんから教えてもらったのですが、1年の中で味の善し悪しが変わるというのも、これまたいいものです。

何事もずっと同じままということはありませんもんね。(かもめ食堂でそんな台詞があった。)

マヤビニックの珈琲豆、焙煎がバッチリだったのでしょうか、ここ最近のBun Bunの豆で一番美味しく、そして淹れやすかったです。(日が経ってもドリップ時の膨らみが減らない。)

今週末に狩野さんの開く教室に参加するので、そのときに狩野さんが焙煎なさったマヤビニックの珈琲豆を購入できればなぁと思っています。

お二人の豆には、きっと味わいに違いがあるでしょうから、それを楽しみたい!です。
[PR]
by benji_rara | 2009-09-22 10:09 | こんなの飲んだ

KIRINの新しいの。

2009年 09月 08日

広告には9月9日発売と書いてあったけれど、コンビニやスーパーなどで販売されていたから、350mlのを1本買ってきましたー。

KIRIN「ホップの真実」。

ロゴの字体がビールっぽくなくて、明朝体チックなところが「コクの時間」に似ているのだけれど、味は全然違うみたい。

青りんごジュースのような後味で、この味知ってるぞ…。そうそう、以前よく買って飲んでいた「スパークリングホップ」(グリーン色の缶のやつ)に、似ているんだ。

広告の美しい方は誰かと思ったら、桃井かおりさんだったのかぁ。

KIRINのサイト見たら、『ターゲット30代から50代の男性ユーザー』だって!俺じゃん!
[PR]
by benji_rara | 2009-09-08 20:18 | こんなの飲んだ

Bun Bun Roastersのイエメン

2008年 10月 26日

c0177264_1101416.jpg


豆を挽いてドリップするのを毎日のようにやっていました。

それは毎朝歯磨きをするのと同じようなもので、やらないとなんだか落ち着かないというものでした。

それがパタッとしなくなって。

でもまたやりはじめて。

その繰り返しで、今はドリップ期間です。

Bun Bunから新しい豆が届きました。

豆は100グラムずつ送ってもらっているのだけれど、その度に豆についてが書かれた手紙を添えてくれている。

そういうのがうれしいです。

今回の手紙には「イエメン産モカは焙煎後の色が不均一だったり、欠けた豆が入っていたりします。色が浅いとモカ特有の香り、欠けていると甘み、金色っぽいのはコクがあって、自然のブレンドのような豆です。」とありました。

なるほどー、自然天然のブレンドなわけですなぁ。

さっそく挽いてドリップしてみました。

c0177264_1102597.jpg


甘みと香りがいい感じに出てました。

これは苦みや渋みが出にくいのかも。(Bun Bunの豆は基本的に苦みが出にくいので、下手っぴなドリップでも美味しく淹れられる。)

一杯分の豆を広げ、窓からの光に当ててじっくり見ると、欠けている豆や、サイズの小さい豆がありました。

色はだいたい同じように感じました。

それで香りと甘みが全面に出てきたのかも。

豆は袋ごとジップロックに入れて、珈琲用の缶に入れて、冷蔵庫へ。

これでかなり保ちます。

すぐに飲みきっちゃう場合は冷蔵保存しなくてもいいかも。

涼しくなってきたし。

***********************

昨夜、日本酒とビール(第3)とウイスキーをちゃんぽんしてから、水に浸けておいた黒豆を煮ようと火にかけました。

ときどき水を差しつつ、煮終わるまでには時間もかかるし、ちょっと横になって待とうかね、と畳の上でごろんとすると、そのまま寝ちゃいました。(当たり前)

2時頃に目が覚めて(体が痛くなったから)、起き上がって台所に行くと火がついたまま…。

煮詰まって水がなくなって大変なことになっているのでは!と蓋と開けると、水はたっぷりとありました。

さすがごはん炊き用の土鍋だ。とろ火だったのも良かったのでしょう。

豆をつまんでみると、口の中でとろけるように柔らかい、そして美味しい煮豆になっていました。

いつもはコリコリとした食感に炊き上げるので、新鮮な感じ。

それにしても火の元には気をつけなければ。

酒を飲んだときは、台所から離れなくても済むようなことしかしないと、(当たり前の)新しいルールをつくりました。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-26 11:12 | こんなの飲んだ

キャトルカフェの緑

2008年 09月 12日

渋谷でセミナーがあったので、出社はしない。

渋谷といえば、そうだ、弁当仲間の杉森さんに声をかけてみようか。

杉森さん、代休を取られるということで、ランチをご一緒することになった。

「天気が良ければ、キャトルに行きましょう」

朝からいい天気で、布団を干したり、クッションを干したり、タオルケットを干したり。

いつもの自然食品店では金曜市が開かれていた。

買ったのは、茄子、キュウリ、オクラ、インゲン、レンコン、挽き割り納豆。

夏野菜がまだまだ充実していた。どれもが無農薬でみずみずしい。

茄子とキュウリの塩もみを下ごしらえしてから渋谷へ向かう。

その前に隣町の図書館でCDを返却&貸出。

やっとJITTERIN'JINNのベストがまわってきた。

昼になると、真夏のような陽気で、とても暑い。

8分袖の黒いシャツを着ていたので余計に暑い。

宮益坂をとことこ登っていき、ビルの4階にあるキャトルカフェへ。

エレベータは4階に止まったはずなのだが、そこは階と階の間。

階下にも階上にも同じようなカフェがあって、どっちがキャトル?

階下はコンシールカフェでした。

c0177264_9222367.jpg


窓から見える緑が太陽の光に当たって美しいぐらい。

ランチタイムに来るのは初めてで、子羊のカレーを頼む。

ドリンクはホットの珈琲。杉森さんはカレーにランチビール。

ビール飲みたいけれど、セミナーがあるからグッと我慢だ。

カレーは少なかったので、全然腹に余裕もあり、時間もまだあるので、スイーツを頼むことになった。

c0177264_9244342.jpg


フルーツタルトの文字に一目惚れしたが、暑かったので、アイスクリームが添えられるガトーショコラに浮気する。

着いた時はほぼ満席だったのが、さぁぁっと客がひいて、誰もいなくなる。

c0177264_9264494.jpg


それにしても、ここのカフェもそうだけど、武田さんが作るカフェは絵になるところばかりだ。とても参考になるなぁ。

c0177264_9273679.jpg


15時過ぎまであれこれ話して、杉森さんとはビルの前で別れる。

セミナーはあまりにもつまらなくて、途中退席してしまった。

今日は、ほぼ休日であった。
[PR]
by benji_rara | 2008-09-12 23:12 | こんなの飲んだ

会社で残暑払い

2008年 09月 02日

雨がたくさん降る日々が続き、すっかり涼しくなった。

このまま夏は終わるのかなと思ったら、また暑くなった。

残暑はしばらく続きそうだ。そんな中、会社で残暑払いの飲み会。

いつもは「暑気払い」を8月にやっていたような気がする。

本部全体で開催された会だけど、参加人数は少なめ。

違う部の女子社員やオジサン社員達とあれこれ話す。

ケータリングの食べ物は、美味しいのだけれど、よく噛めない。

今、「食品の裏側」を読んでいて、添加物のあれこれを知った。

今日食べたものには数十種類もの添加物が使われているだろう。

ビールと赤ワインと麦焼酎を飲んだらすっかり酔っ払った。

フラフラになりならがらも、家にたどり着いた。

なんとかシャワーを浴び、洗濯物も片付けた。

22時過ぎには寝てしまう。

c0177264_13162068.jpg
(写真は、ある日の台所カウンター)



それにしても酒を飲みすぎた日の帰りはネガティブになるなぁ。

メンタル系の講義を受けたとき、うつ病の人が落ち込んでいるときには、「まぁ酒でも飲みながら話そうよ」とか言って、酒を飲ませてはいけないと教えてもらった。

酔いが醒めた時に、うつが進行してしまうからだそうだ。

酒の効果を自分の体で実感している。

うつが進行すると、それを和らげようとして、また酒を飲む。

無限ループに陥ってしまう。

酒も何でも、過ぎると良くないのだなぁ。

ポテチの食べすぎは控えないとだ。
[PR]
by benji_rara | 2008-09-02 23:08 | こんなの飲んだ

ご近所夫婦宅にて

2008年 08月 31日

明け方まで雨は降っていたのだろうか。

地面が濡れている。

昨夜は安い赤ワインを1本飲みきったのだが(美味かった!)、

二日酔いにはなっていないようだ。

7時過ぎには起きて行動しはじめる。

ドイツパンの店で買った食パンが美味しい。

BunBunの珈琲といっしょにいただく。

昼ごはんは、炊きたて玄米に、味噌汁(蕪の実と葉)、たたきキュウリと手ちぎり水茄子の浅漬け。

久しぶりに玄米をおひつに移し変えた。

最近、面倒で圧力鍋から直接ラップに玄米を移していた。

おひつに入れると、やはり余計な水分が抜けて美味しい。

おやつは、カルビーのポテチ(塩)と、ハートランドの瓶ビール。

これから自転車に乗って、ジム風呂に入りに行こう。

豆腐とひじきとオクラととうもころしの和え物を作っていたら、すっかり汗だくになってしまった。

ジムからそのままご近所夫婦宅へお邪魔するつもり。

まだ明るいけれど、宴会が始まる。

夏の終わりに発売されるKIRIN「秋味」。

濃くて美味しい。

焼いた秋刀魚が美味しかった。

野菜料理もどれもおいしかった。

いつもいつも、たくさんの野菜料理を作ってくれて、うれしく美味しくいただいている。

c0177264_16545338.jpg

ご近所夫婦の旦那が会社の元同期で、奥さんとは二人が川口に越してから、頻繁に会うようになった。

旦那とは新人の頃から時々飲みに行っていた。

二人が近所に越してきたことで、どれだけ自分はいい時間を過ごせているのだろう。

大人になってから住みはじめたところで、ご近所づきあいがあるということは、本当にありがたいものである。

家から自転車で20分の距離は、ちょうどいい運動になる。
[PR]
by benji_rara | 2008-08-31 23:40 | こんなの飲んだ