カテゴリ:読んだもの( 5 )


「チクタク食卓」を味わう

2009年 05月 15日

5月16日発売予定の「チクタク食卓(上)」。

15日の金曜日には本屋に並んでいました。

この本が発売されることをずっと心待ちにしていたのです。

「日々ごはん」で制作のことが綴られていて、いったいどんな本になるんだろうとワクワクしていたのですが、予想以上の素晴らしさで感激です。

2005年1月から6月までの食卓の風景が、写真や高山さんのイラストで紹介されています。

余白たっぷりのレイアウトと、薄い墨汁で引いたような枠線の雰囲気が、料理本(日記本)というよりも、芸術本のようです。

そう、「高山なおみの料理」で感じた美しさと似ています。

普段のごはんのレシピがかなり充実しています。(これがかなり役に立ちそうだ!)

ページをめくるのが惜しいぐらいです。(読み終えたくないから。)

あまりにも素晴らしいので、今年の母の日の贈り物は、この「チクタク食卓(上)」にしました。

「今日のごはんをは何にしようかな?」と悩んだとき、同じ日付のページをめくれば何かが見えてくるはず。

そのときの旬の素材を使ったシンプルな料理が、大抵はレシピつきで紹介されています。

下巻は今年の終わりに発売されるということで、今から楽しみです。

その前に「日々ごはん」の11巻も出るのかな。

あっ!サイトの「日々ごはん」も復活しましたよね。

月曜日の朝の楽しみがまた戻りました。

(と、なんだかまるでAmazonのレビューみたいになりましたな。初投稿してみようか!)
[PR]
by benji_rara | 2009-05-15 14:10 | 読んだもの

目から鱗

2008年 11月 17日

c0177264_19371079.jpg


野口嘉則さんの新刊「心眼力」を読んでいる。

そこに出てきた話。

”歩くという字は、「少し止まる」と書きます。”

ぎゃー!!そんなこと考えたこともなかったぁぁぁ・・・。

と、ひとり通勤電車の中で静かに興奮してました。

自分の考え方だと、「立ち止まることは時間の無駄で、とにかく(歩き)続けることが、時間を最大限に使うための方法」だった。

だから止まることなく、ひたすら続ける。

止まると、そこで終わりのような気がして。

「歩」のイメージは、スピードはないけれど、持続している感じ。

何事も続けることが大切、と思っているのだけれど、たまには立ち止まって振り返ることも大切なのかも。

歩くは、「持続しつづける」のではなく、「動と静の繰り返し」を意味しているんだなぁ。


野口嘉則さんは、ミリオンセラーになったという「鏡の法則」の著者として有名な方。

ブログをずっと拝見している。

先日、4年ぶりという講演会に参加した。

これまでに講演会はいろいろと行ってきたが、涙が出たのは初めて。

最近、涙腺弱いのかもしれません。
[PR]
by benji_rara | 2008-11-17 23:23 | 読んだもの

読書の秋

2008年 11月 06日

c0177264_19354162.jpg

(写真は、誕生日をお祝いした友人のお宅にて。お祝いしに行ったのに、ご馳走してもらったという矛盾。)


友人の食習慣を知ってから、自分の食習慣(食事の内容ではなく食べ方とか食べる時間)をかなり意識するようになり、そのおかげか、夜食や晩酌をしない日々が続いている。

基本的に20時以降には何も食べない。

お茶や珈琲は飲む。酒は飲まない。

最初は我慢していたが、今は「別にいらないかも」という感じ。

誰かが言った「人は習慣をつくるが、習慣は人をつくる」というような言葉。

友人は「(間食や夜食をしない、酒を飲まないのは)もう習慣になったよ」と言っていた。

会社の同僚は「たくさん食べなくなると、それほど食べなくても済むようになってくるんだよね」と言っていた。

習慣というものを、少しずつだけれど、実感し始めている。

晩酌しない夜には、本を読んでいる。

最近読んでかなり感銘を受けたのが、「この社会の歪みについて 」野田 正彰(著)。

自分が子供の頃からずっとやっていることを、この人は問題定義している。

そうか、やはり歪んでいるのか・・・。

著者は、大阪に住んでいた頃に通っていた大学で教えているようで。

いいなぁ、この人の授業を受けてみたかった。

図書館で借りてきた本だけれど、薄くて持ち運びやすく、文章の量は多くないが内容はとても深いので、きっと買うかも。
[PR]
by benji_rara | 2008-11-06 23:32 | 読んだもの

14歳からの仕事道

2008年 10月 10日

c0177264_7504295.jpg

用事で秋葉原まで。

電気街側にどんどんビルが建っていく様子を、これまで電車の中から眺めてきたけれど、実際にビルに入るどころか、ビルの前を通ることもなかった。

今日はそのビルに用事があって行くことになり、ちょっとうれしい。

電気街との位置関係は、このようになっていたのだね。

なるほどー。

用事が終わって電気街に出ると、メガネ屋の店員さんがマイクを持ち、ラップを唄いながら何かを宣伝していた。

はっきりと聴き取れないので、何を宣伝しているかよくわからない。

安さをアピールしていると予想しているが。

TOSHIBAから発売される新しいテレビの様子を確認したいので、どこかの電気屋に入ろうと思うのだが、さてどこにしようか。

電気街はどこになにがあるかよく分からないので、結局は高架をくぐってヨドバシへ。

その途中に初めて見るビルが。

無印良品が入っている。へー。

中に入ってうろうろする。

服を試着したり、鞄を持ってみたりして、楽しむ。

いい感じの服や鞄はあるのだが、決め手に欠ける。

上の階の本屋へ。

うおー!!ジャンルの豊富さに興奮。

これもあれも読みたくなるような本ばかり。

気になるものがあれば手にしてパラパラっとめくってみる。

うわぁ、いいなぁ、これ。

でも本を買うのは、ちょっと躊躇うなぁ。

試しに携帯から図書館検索システムにアクセスしてみると…。

おぉ!置いてるじゃん!

数冊予約する。

3冊ほど借りてきたばかりだから、また予約して読み切れるかちょっと不安だが、ガシガシと読んでいこう。

今日読んだ本は、「14歳からの仕事道」。

よりみちパン!セという中学生をターゲットにして作られた本のシリーズがあるのだが、そのうちのひとつで、大人が読んでも面白い。

というか子供の頃に何も考えずに過ごした大人が読むべき本かも。

仕事について書かれた本だが、いやぁ、面白かったなぁ。

気軽に「頑張る」なんて言わないことだ、というのが参考になった。

自分にプレッシャーを与えかねないからだ。

言うなら「これこれをいつまでにこれだけやります」みたいな具体的なことを言った方が効果ありとのこと。

それには納得できる。

「忙しい」と「普通」は禁句にしているという著者さんだが、自分だとどうだろう。

「いいなぁ」というのを言わないようにしたいかも。

これって多くの人が使っているのを聞いてきたし、自分だって言ってきた。

聞く度に、口にする度に、何かココロにひっかかるというか、違和感みたいなものがあった。

「いいなぁ」って、「自分は(やりたいのに)やっていない」「自分は(能力がないから)できていない」、と自分自身に言っているようなものだ。

「いいなぁ」を繰り返すことで、自分の人生は辛いものというストーリーを濃くしていっている。

本は一気に全部読み切ってしまった。(これは珍しい。)

c0177264_7484724.jpg


それにしても晩飯を食べ過ぎた。

残り物のジャガイモとたまねぎの蒸し煮、有機ポテチ(カレー味)、ピーナッツ、食パン2切れ(オレンジジャム)、ハートランド、日本酒。

これで十分なはずだったけれど、「やっぱりちゃんと飯を食いたい!」と思って、家の近くの蕎麦屋へ。

会社近くには蕎麦屋がいろいろとあって、ぐるぐると通っているが、自分にはここの蕎麦が一番美味しいと思う。

値段も高くないし。

前回食べて感動したカレー蕎麦をまた頼む。ライス付き。

米粒を食いたかったのだ!

家に戻ると眠くなって畳の上で寝てしまう。

ハッと目が覚めると21時過ぎ。

消化を促すべく、歩いてジムまで。

じっくりとストレッチやツボ押しなどしてシャワーを浴び、歩いて帰る。

家を出るとき降っていた雨はやんでいた。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-10 23:07 | 読んだもの

エコなココロ

2008年 09月 03日

本や雑誌はよほど気にならないと買わない主義。

自分の本棚には、気に入った本だけを並べておきたい。

ある程度余裕を持って置いていると、なんだか落ち着く。

だが、そんな状態も小さな本棚ではキープが難しい。

気に入ったデザインの背表紙がたくさん並んでいるのはうれしいけれど。

雑誌はクウネルを定期購読している。

最近、あまり興味がもてるテーマがなくて、全部読みきらないこともある。

伝言レシピと弁当と食事中のページは必ずチェックする。

久しぶりにクウネル以外に買いたいと思う雑誌があった。

c0177264_15405036.jpg

ecocolo (エココロ) だ。

タイトルからわかるように、エコをテーマにした雑誌。

これまでは本屋でパラパラっと立ち読みすれば十分だった。

んが、今月号は内容がとても気になるものばかり。

中谷美紀さんをはじめ、「めがね」「かもめ食堂」でおなじみの飯島奈美さん、お世話になっているマクロビオティックインストラクターの奥津典子さん、などなど大好きな人たちがたくさん登場している。

こりゃ買わなきゃですよ。

食をテーマにした内容で充実していた。

リビングフードってのが気になる。

ダイニングテーブルの上に置いていて、時々読み返している。

その隣には「日々ごはん」だ。
[PR]
by benji_rara | 2008-09-03 23:59 | 読んだもの