「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧


母のこころを すべてに

2008年 10月 30日

c0177264_19355268.jpg


青山へ、佐藤初女さんの出版記念講演会へ行ってまいりました。

チケットは、ぴあでの販売で、発売日と開始時間を忘れないようにと、案内のハガキをずっと手元に置いてました。

発売が開始されてからすぐに購入したおかげで、最前列のど真ん中の、ひとつだけ隣の席が取れました。

会場に着いて席を確認すると、舞台上の初女さんが座られる席のまん前で。

初めてお目にかかった初女さんは、なんというか、透き通っているように見えました。

それはきっと心がきれいだからだろうなぁ。

質疑応答を含め、約2時間、初女さんは休憩無しに、ずーっと話し続けられました。

最後までとても流暢に、そしてゆったりと話されていたので、とても聴きやすかったです。

舌をかむことなく、話が途切れることなく、スルスルと。

講演って、話に抑揚をつけることが必要だと思っていたのですが、そういうわけでもないようです。

要は、相手に伝えたい!という気持ちを持つことなんだなぁ。

講演後の、質問への回答は、くすくすっと笑いを誘うようなユーモアのあるものがあったり、ためになるものがあったり。

初女さん、それは本当に素敵な方でした。

講演会終了後、CD+フォトブック(アノニマ社)を買った人向けの特典で、初女さんに握手していただきました。

講演会場は暑いぐらいで、頭がボーっとしてしまったせいか、結構な時間立ち並んでいたと思うのですが、全然疲れなくて。

初女さんは、おひとりおひとりの手をしっかりと握って、それはまるでお祈りをされているようでした。

手を握られた瞬間に泣かれている方もいました。

初女さんの周りは、まるで教会のような清からかな空気が流れていました。

自分の番になって、それまでは何を話しかければいいのやらと悩んでいたのですが、感謝の気持ちをただただ素直に、口から自然と出てくる言葉で伝えました。

「一番前の列の、初女さんの目の前に座っていました」と言うと、お付きの方がクスクスと笑われていました。

「お仕事はなにしていらっしゃるの?」
「遠いところまでわざわざありがとうね」

といった言葉をいただきました。

初女さんの両手で包まれた右手は、家に着くまで、なんだかボワっと暖かくて、不思議な感覚でした。

質疑応答の時間では、自分の質問にも答えていただきました。(事前に質問票に書いておいた。)

ここ最近、ずーっとずっと悩んでいたことを書いたのですが、思いがけない答えをいただきました。

うれしかった。

初女さんのその言葉を、きっと忘れることはないでしょう。

講演会には、たくさんの人が来ていたので、きっと誰か知っている人に会うだろうと思っていたら、やはり会いました。

以前料理教室でご一緒した女性お二人と講演開始前にばったり会い(同じ最前列だった)、講演終了後には、Organic Baseつながりのお二人に声をかけられました。

握手会のあった青山ブックセンターでは、中川ちえさんなど、知った方が何人かいらっしゃいました。

あぁ、いい時間だった。行ってよかった。

家に戻ってからは、明日の弁当の下ごしらえを。

いつもだったら「面倒から弁当を買おう」と思うところを、初女さんの言葉を思い出し、今を頑張ろうと思ったのでした。

帰りに寄ったスーパーで、ぷっくりと太った蕪が売っていたので、それを買いました。

丁寧に洗い、初女さんのことを思い出しながら、心をこめて蕪の実を切り分けていきました。

なんだか泣いてしまいました。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-30 23:57 | こんなとこへ出かけた

引き寄せているのではなく、掴み取っている

2008年 10月 28日

自分にとってためになる情報を思いがけず手に入れて。

自分にとってためになるセミナーやイベントにタイミングよく参加できて。

そういうことがここ最近続いているような気がする。

それは、自分の目的というか夢というか、そういうものが漠然だけど見え始めてきて、それを叶えるために必要なものたちが、自分のほうへ集まってきている。

そんなふうに思った。

これってつまり、流行り言葉でいうところの「引き寄せの法則」か??

自分の頭の中は世界とつながっているんだぁ、と感心したのだが、いや、それだけではないかもしれない。

自分にとって何が必要か、常にアンテナを張りながら捜し求めるようになったのだ。

今までだったら、なんとなく読んだり知ったり、横に流すだけだったものごとを、しっかりと離さず掴んでいる。

それは無意識の中の意識的な行動だ。

世の中の出来事は、理由なき偶然なものではなく、理由ある必然なものかもしれない。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-28 23:59 | 思うこと・考えること

二日酔い

2008年 10月 27日

昨夜は友人宅から家に戻ってくると、録画しておいた篤姫を観ながら、日本酒を飲む。

さっきまで飲んでいたというのに、つい調子に乗ってしまった。

で、今朝は明らかに二日酔いで、とても起きれそうもない。

午前中を休みました。

こういう休み方だけはしたくないのになぁ。

それでも天気がよくて、太陽の光がサンサンと降り注いでいたので、布団を干す。

天気予報を見ると、夜に雨マークがついているが、こんなにも天気がいいのに本当か?

でも、今年の夏は快晴から大雨という日を何度も経験してきたので、ありえなくもない。

出かける直前に、洗濯物を家の中に入れておいた。

それが大正解で。

仕事を終え、会社を出ようと下に降りたら、入り口から建物の中に雨が入り込むぐらいの暴風雨に!

台風が上陸しても、ここまですごいことにはならなかったよ、と驚く。

駅までは1分だけど、外へ出た瞬間に即ビショ濡れだろうから、しぶしぶ自分の席に戻って、西日暮里で買ったパンを食べる。

せっかく午前中を休んだのだから、と西日暮里の喫茶店へ行こうとしたら、今日に限って昼過ぎからの開店。

仕事がえりに行くと、ほとんど売り切れ状態のパン屋で色々と買えたから、うん、良しとしようと心に決める。

パンを食べ終える頃には、雨は止んでいた。

ハリケーンみたいな雨だった。

あえて、ゲリラ豪雨とは言わない。この表現、あまり好きじゃない。

ついに始まったフィギュアスケートGPシリーズの第一戦を観ながら、水菜のオイル煮を食べたり、冷玄米のおかゆ(味噌で味付け)を食べたり。

今日は朝からパンばかり食べていたので、玄米を食べたらホッとした。

散歩がてらジム風呂に行こうと、外に出てしばらく歩いてから、今日は定休日だったことに気付く。

そんな1日だ。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-27 23:10 | ある日の出来事

Bun Bun Roastersのイエメン

2008年 10月 26日

c0177264_1101416.jpg


豆を挽いてドリップするのを毎日のようにやっていました。

それは毎朝歯磨きをするのと同じようなもので、やらないとなんだか落ち着かないというものでした。

それがパタッとしなくなって。

でもまたやりはじめて。

その繰り返しで、今はドリップ期間です。

Bun Bunから新しい豆が届きました。

豆は100グラムずつ送ってもらっているのだけれど、その度に豆についてが書かれた手紙を添えてくれている。

そういうのがうれしいです。

今回の手紙には「イエメン産モカは焙煎後の色が不均一だったり、欠けた豆が入っていたりします。色が浅いとモカ特有の香り、欠けていると甘み、金色っぽいのはコクがあって、自然のブレンドのような豆です。」とありました。

なるほどー、自然天然のブレンドなわけですなぁ。

さっそく挽いてドリップしてみました。

c0177264_1102597.jpg


甘みと香りがいい感じに出てました。

これは苦みや渋みが出にくいのかも。(Bun Bunの豆は基本的に苦みが出にくいので、下手っぴなドリップでも美味しく淹れられる。)

一杯分の豆を広げ、窓からの光に当ててじっくり見ると、欠けている豆や、サイズの小さい豆がありました。

色はだいたい同じように感じました。

それで香りと甘みが全面に出てきたのかも。

豆は袋ごとジップロックに入れて、珈琲用の缶に入れて、冷蔵庫へ。

これでかなり保ちます。

すぐに飲みきっちゃう場合は冷蔵保存しなくてもいいかも。

涼しくなってきたし。

***********************

昨夜、日本酒とビール(第3)とウイスキーをちゃんぽんしてから、水に浸けておいた黒豆を煮ようと火にかけました。

ときどき水を差しつつ、煮終わるまでには時間もかかるし、ちょっと横になって待とうかね、と畳の上でごろんとすると、そのまま寝ちゃいました。(当たり前)

2時頃に目が覚めて(体が痛くなったから)、起き上がって台所に行くと火がついたまま…。

煮詰まって水がなくなって大変なことになっているのでは!と蓋と開けると、水はたっぷりとありました。

さすがごはん炊き用の土鍋だ。とろ火だったのも良かったのでしょう。

豆をつまんでみると、口の中でとろけるように柔らかい、そして美味しい煮豆になっていました。

いつもはコリコリとした食感に炊き上げるので、新鮮な感じ。

それにしても火の元には気をつけなければ。

酒を飲んだときは、台所から離れなくても済むようなことしかしないと、(当たり前の)新しいルールをつくりました。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-26 11:12 | こんなの飲んだ

イッタラのティーマ

2008年 10月 23日

c0177264_624054.jpg


基本的に阪神ファンなので、パリーグのことには関心がないんだけど、それでも西武が優勝するのはうれしい。

それは駅前のデパートが優勝セールをやってくれるから!

何年か前に優勝したときもセールがあって、そのときに、ご飯炊き用の土鍋(かまどさん)をかなり安くで買えた。

季節ごとのセールでは、定番品はセール対象外になるのが一般的だが、優勝セールのときは全商品が対象となっていたのだ。

で、今年も同じようにセールをやってくれました。

そういえば、リーグ優勝のときもやっていたのかな。

次は日本シリーズで優勝してください。

さて、リビングの階に行くと、至るところに割引のポップが張られていて、安くなってる安くなってる。

うろうろしていると、イッタラのコーナーを見つける。

定番品ばかりなのに、ここもセール対象で20%OFF。

くはーっ!!

ずっと以前からティーマのカップ&ソーサーが欲しいと思っていたんだけど、幸いなことにそれがありました。

2つ欲しいとお願いすると、新しいのを出してきてくれた。

2セットがきれいに箱に収まったもの。

c0177264_6234999.jpg


ティーマは2セットがBasicなのかもしれません。

その他に、「小さいまな板があると楽になるよなぁ」と思っていたので、木屋の一番小さいまな板も買う。

これも安くなった。ラッキ。

家に戻り、ティーマを水に浸けてからキレイに洗う。

ついでにグラス類もブラシに石けんをつけて磨き洗う。

そうするとピカピカになるのだ。

これでまた器が増えてうれしいのだが、さて、置き場所をどのように確保しようか。

収納場所はどこも満杯だ。シフトしなければ。

しばらくはカウンターテーブルの上に置いておきます。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-23 23:35 | ある日の出来事

食事日記を書き始める

2008年 10月 20日

c0177264_14423915.jpg


HPの日記に、写真付きで食事の記録を紹介していたが、いつの間にやらストップしてしまった。

そうそう、日記自体の更新をやめてしまったのだったな。

あのときの自分は、そうすることが自分にとって一番よいと思って、やったことだった。

リハビリ、みたいなものだったであろうか。

食事の記録をつけると、「よくもまぁ、こんなにも食べたものだ(飲んだものだ)。」と、自分のことなのに、感心してしまう。

その食べすぎ、飲みすぎに悩んでいるわけですが。

c0177264_14421550.jpg


先日のカウンセリングで出た、頭の中のことをノートにどんどん書き出していきましょう、という宿題。

その流れで、食事の記録もノートに書き出していこうと思った。

それも自分の一部だから。

単にメニューだけじゃなく、その背景も書き出していく。

たとえば、どうしてそれを食べたくなったのか、飲みたくなったのか。

食べると、飲むと、どのような変化があったのか。

ついでに、その日の天気や体調、ふと思いついたこともメモするようにしている。

目に見えないことを目に見える言葉にすると、さらに深いところまで考えることができるようだ。

食べ物、人間関係、住んでる環境、気候、体調、価値観、その他色々なことが複雑に絡み合って、今の自分がいる、ような気がする。

それらを紐解いていく作業を続けていこうと思う。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-20 23:30 | こんなの作った

あらためてカウンセリング

2008年 10月 18日

c0177264_985345.jpg



昨夜、ジム帰りに買ってきた袋入り梨(もうすぐで終わりそうな豊水)を冷蔵庫に入れようとしたら、手からするっと抜けて、床にぼたっと落ちた。

あちゃぁと思って拾うと、梨が落ちたショックで割れている。

床に当たったところが、半熟のようになってしまったのだ。

それだけ熟していたということだろうが、これじゃあ包丁で切れないじゃないか!!

木曜日からずっとイライラしていたこともあって、爆発したかのように叫んでしまう。

ご近所迷惑ですが。

それでもあまり被害を受けなかった梨はラップにくるんで、別の袋に入れて冷蔵庫にしまい、すっかりジュクジュクしてしまった梨は、できるだけきれいに皮を剥いて切り分け、火にかけてコンポートのようなものを作った。

イライラしても投げ出さず、ちゃんと料理した自分を誉めてあげようではないか。


c0177264_99477.jpg



昼ご飯は自炊。

玄米を蒸しなおしたもの。

味噌汁(久しぶりに干し椎茸とワカメで出汁を取った)。

小松菜のオリーブオイル煮(醤油漬けのニンニク入り)。

人参とツナのマリネ(ツナは油なしで調味されていないタイプ)。

食後のデザートは柿と、2日間我慢したんだからと赤ワイングラス。

調子に乗って飲み過ぎた。これからジムだというのに。

酔い冷ましに駅前の図書館まで歩いて行って帰ってくる。

時間にして30分程度。

ジムではしっかりとトレーニングして、ストレッチも念入りにやった。

今朝、整体に行ってきたのだが、体のあちこちが硬くなっているというので。

それは昨夜の筋トレクラスの影響と思われるのだが、ストレッチが足りなかったのでしょう。

夜はカウンセリングを受けてきた。

木曜日に受けたカウンセリングでは、こちらが話したのは二言三言ぐらいで、あとはカウンセラーが自分の過去話や一般論を話し続けるのを聞くだけ。

完全に話すタイミングを失った。

こういうカウンセリングもあるらしいが、Outputをのぞむ俺にとってはカウンセリングではない。

「何か話してくださいよ」なんて質問はカウンセラーのするものじゃない!!

と、半ブチ切れ。

担当のカウンセラーを変えてもらった。

それで改めて面談するということで、早速行ってきたという訳だ。

じっくりと話を聴いてもらってきました。

今回はそれだけじゃなくて、これから具体的にどのようにしていけばいいかまで話し合った。

気づきがあったら、次は行動にうつす。

この「行動」ってのがなかなかできなくて、なぁなぁに終わってしまうことの多いことと言ったら。

ま、いつかね、みたいな。

今回のカウンセラーは、「では、好きなことや興味のあることで、すぐに仕事としてできそうなことはなんでしょうか」などと、突っ込んで訊いてくる。

最初、うぐぐっと戸惑ってしまったが、それでもあれこれと話していった。

ただ話すだけでは、すぐに消えていってしまうから、ノートに思ったことを書いていきましょう、ということになった。

宿題です。小学生みたい。

次回のカウンセリングは1ヶ月後だ。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-18 23:08 | ある日の出来事

eau cafeにて

2008年 10月 17日


c0177264_0161153.jpg


恵比寿へ行く用事があって、帰りに代官山までテクテクと歩いて行きました。

恵比寿も久しぶりだったら、代官山も久しぶりで。

社会人になった頃は、定期券で恵比寿まで行けたので、仕事帰りにとかによく寄ってたなぁ。

代官山もeau cafeがオープンした頃はちょくちょく通っていた。

確か寒い冬で、靴を脱いで店の中に入ると暖房がきちんと効いていて。

ユーズドの椅子に座ると、ぼーっとして、とても落ち着けたなぁ。

天井が濃い赤色で、それが暖かく感じてホッとできた。

はじめはメディアに登場していなかったから、それこそ隠れ家のようにひっそりとしていた。

いかにも業界人とかデザイナーとかのような人たちがいる中、ラテを飲んだり、ワインを飲んだりしていた。

大きな窓から見える代官山が好きだった。

で、例に漏れず雑誌などに登場すると、あっ!という間に人気店になって、混雑するように。

テーブル席も増えて隙間がどんどんなくなり、それが嫌になって行かなくなった。

数年後、ひさしぶりに行ってみると、テーブルの数は少なくなって、なんだか空間がゆったりしたように感じた。

渋谷の系列店で知り合い、たまぁに連絡を取っていたスタッフの方も、eauに異動していたので、余計にうれしくて。

それからは、ほんとごくたまぁに行っている。

今回もずいぶんと久しぶりの訪問となったのだが。

中に入るとキッチンが移動して、左右逆になっていた。

c0177264_0162212.jpg


キッチンって、そんな簡単に移動できるものなのか?

来る度にインテリアが変化、いや進化しているのに、ホント毎度毎度驚かされる。

それに感化されて、自分の部屋もいじりたくなる。

ランチにぎりぎり間に合ったので、サンドイッチと珈琲を。

最近、外で食事する時には食べたいなぁと思ったら、肉ものを頼むようになっている。

自分では買って調理しないだけに、外では興味があれば頼むのだ。

豚肉のパテが挟まれたサンドイッチだったが、なかなか美味しかった。

確か以前はシェフがいて、当初よりも料理の質(と凝り具合)がググーッと上がったのだが、メニューを見る感じでは、もういなくなったのかも。

今月末に青山へ行くので、そのときは久しぶりにNid Cafe(系列店)に行ってみようかな。

c0177264_0163254.jpg
[PR]
by benji_rara | 2008-10-17 23:03 | こんなとこへ出かけた

満月だったのでしょうか

2008年 10月 15日

c0177264_8442354.jpg

十五夜。

まん丸としたお月さんを夜空に見つけると、やっぱり歌ってしまう「出ーた、出ーた、月が~」。

昨日はジムから歩いて戻ってくるときから、眠たくて仕方なくて。

いつもだったら洗濯してから寝るのだが、その間に時間をもてあまして夜食してしまうんだよなぁ、と今夜は眠気にまかせ、洗濯しないで布団の中にもぐりこむ。

夜食もせず、酒も飲まず、寝た。

22時30分に。耳栓をして。

今日も夜食は控えようと、ジム風呂から帰ってきても、アイスコーヒーを少し飲みながら読書にふける。

酒は家に帰ってきてすぐに飲んだのだが。

「冬物語」がやけに美味かった。

食べるのも飲むのも、19時30分には終えてしまう。

ので、今夜も夜食なしだ。

隣が相変わらず大きな音を立てて部屋に入るので、腹いせに音楽のボリュームを上げてみる。

家のステレオは小さな音でもきれいに聴こえるが、それなりの大きさにすると、ひとつひとつの楽器の音がはっきりと分かる。

隣からなにやら声が聞こえてくるが、それは「うるさい!」と言っているのか。

だったら玄関や網戸はもっと静かにしめろってもんだ。

こういうことは往々にしてあることだけれど、人に迷惑を掛けている人ほど、自分の迷惑など気付くことなく、相手を非難する。

自分もそうだけど。

たまにわざと玄関や網戸をうるさく閉めるのだけれど(隣がいるとき)、それがいかにうるさいかを気付いてもらえないか、と願っているところです。

そんなことしてるから解決に向かわない、なんてことは気付かないフリをしながら。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-15 23:17 | ある日の出来事

オリーブオイルと蕪とえのき

2008年 10月 13日

いい天気で、外を歩くと暑いぐらい。

近所の蕎麦屋もいいけれど、今日は自炊して昼飯を食べよう。

葉の状態がまぁまぁきれいだった蕪は、実と葉を切り分ける。

実はまわし切りにして、葉は適当に切り分ける。

鍋に移して、塩でもむ。

その上に、根元を切り落としたえのきを、手でちぎり分けてのせていく。

オリーブオイルをまわしかけ、中強火にかける。

えのきに火が通って柔らかくなったらオイル煮の完成!

c0177264_1347047.jpg

腹が減って仕方なかったので、まずはこれから食べる。

オイル煮にえのきを初めて使ったけれど、オリーブオイルによく合う。

蕪との相性もいい。

今回は醤油を少しだけ加えたが、ポン酢でも美味しいかも。

さて次は、レンコンの皮を洗って土を落とし、1センチ弱の輪切りにしていく。

サイズが大きければ半月切りにして、ごま油を敷いたフライパンに並べていく。

中強火にかけ、透き通ってくるまで放っておく。

いい感じに焦げ目がついてきたら、みりんと醤油を同量まわしかけ、勢いよく上下をひっくり返していく。

白ゴマをふりかけたらレンコンきんぴらの完成!

c0177264_13471338.jpg


今日の玄米は、水の量を米の1.1倍にして、最初の圧力のかかり方を前回よりも緩やかにする。

米炊きは大成功して、ちょうどいいモチモチ感に柔らかさ。

友人も「おいしい、おいしい」とパクパク食べていた。

50ccの水を増やし、蓋を閉めてから火を弱めるタイミングをほんの少し早めただけで、ここまで味わいが変わってくるとは。

玄米って奥深く、そして難しい。

友人が帰った後の晩飯時には気が抜けて、昨日買った残りのミニチョコパン(小さい頃に食べていたときよりもチョコの味が薄くなってる)に、ラップに一杯分ずつ包んでいった後の残り玄米。

昨日の「篤姫」を観ながら。

気が抜けると膝の力が抜けてしまって、ガクッと床の上に尻がつく。

へなへなっとではなく、ガクッと一気に。

それこそテレビドラマとかマンガみたいに。

なんだか、未来が真っ暗に見えてきて、怖くなってくる。

この先、いいことなんて何も起こらないように思えてくる。

ひとりきりになってしまったからだろうか。

「自分は何も持ってないんだな」

ピカピカと光るオーディオセットが目の前にあるのに、友人と楽しい時間を過ごしたというのに。

「ということは、自分は失うものもないんだな」

そんな考えが思い浮かんだら、少しだけ、ほんの少しだけ、楽になった。

今夜は友人に倣って夜食を控えてみよう。

ここ最近「今日のおつまみは何にしよう。スーパーに食べられるものはあるだろうか。」と悩んでいる。

悩むぐらいなら食べないほうがスッキリする。

酒を飲むときは何かおつまみがないと寂しいと思っていた。

「酒は飲むけれど、いっしょに何も食べないよ」と友人は言っていた。

それもありなんだ。

ウイスキーをサイダーで割って、ハイボールをつくる。

いつもだったら、それにピーナッツとかポテチとかトーストとか付けていただろうが、酒だけにした。

酒だけにすると、2杯飲んだら十分だった。

食べるだけにすると止まらないのに。

酒と夜食の無限ループから、一歩踏み出せたような気がする。

無理に酒をやめようとはしないでおこう。

それで夜食に走ったら意味がない。

穏やかに酒を楽しむ、そんな大人がいい。
[PR]
by benji_rara | 2008-10-13 23:45 | こんなの作った