「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


良いお年を。

2008年 12月 31日

c0177264_14521499.jpg

(自分の寝床に先に入り込み、枕の上に頭をのせて、まるで人のように寝ている愛犬ララ。可愛過ぎる。)


年末年始は9連休となりました。(会社指定)

早くも1日目に大阪に戻ってきました。

ホントは東京でしばらく過ごしてから帰るつもりだったのですが、帰りの新幹線が2日になったので、早めに帰りました。(3、4日はほとんど完売)

家の近くの酒屋に行って、店の人の話をたくさん聞きながら、日本酒をいろいろと試飲している日々です。

10種類以上は飲ませてもらったかも。

予想通り、食べ過ぎと飲み過ぎで、顔に吹き出物が出ては消えています。

今朝は右おでこの上にコブのような吹き出物ができました。

さて、今年を振り返ってみると…。

悩み考え喜ぶ日々でした。

善くも悪くも、印象に残る1年でした。

来年もゆらゆらと波に揺れる日々が続くかもしれません。

しんどいなぁと思うときはちょくちょくあるのですが、それでも「(今みたいな)こんな時間も必要なんだよな」と、肯定的に見ることができるようになったみたいです。

悩むことで人格に新しい層が加わったような気がします。

結果オーライ、か!?


それではみなさん、良いお年を〜。

1年間ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いします。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-31 15:02 | 思うこと・考えること

朝の気温が高かった

2008年 12月 22日

c0177264_15543284.jpg

(酔っ払いながら入ったスーパーでふと買ってみた絹の厚揚げをじっくり炒め、小松菜を加えてから、粒マスタードとみりんで味付け。小松菜にはあまり火を通さなかったので、シャキシャキして美味かった。久しぶりに味噌汁以外の大豆製品を食べたような気がする。)


二日酔い・・・。

昨夜はクリスマスパーティがあって、二子玉川まで行ってきた。

歩いていると汗ばむほどの陽気で、その暖かさは夜になっても続いていた。

それにしてもよく飲んだ。

例に漏れず記憶の一部を失っている。

今回の"小人"さんは、出かけるときに押し入れの奥の方から取り出した鞄を、また同じ位置に戻してくれていた。

今朝、「あれ?あの鞄どこいったんだろう?」とはじめは本気でわからなかったのだ。

二日酔いだけど、食欲はあるようで、りんごを切って食べる。

もちろん梅醤番茶も飲んだ。

二日酔いにとても効くので。

ひさしぶりに梅干しをすり鉢ですって作った。

やはりきちんと作ると美味しい。

朝のうちは昨日の暖かさが残っていて、ぽかぽかした春の陽気。

今日も布団を干す。

カラダから酒臭が出て、布団についてしまっただろうから。

布団を取り込む頃には陽は射さなくなっていて、肌寒くなってきた。

いつのまにか空は雲で覆われて薄暗くなる。

なんだか雨が降りそうだなと思っていたら、強い風とともに降ってくる。

こんな日は部屋に引きこもるのに限るな。

二日酔いで弱っているから出かける気にもなれんが。

あぁ、今日、有休を取っておいてよかった。

本を読んだり、PCをいじったり、テレビをみたりして過ごしている。

図書館で借りてきたユーミンの古いアルバムを何度も繰り返し聴いている。

子供の頃にはあまり理解できなかった曲の良さを感じている。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-22 15:59 | ある日の出来事

大掃除をはじめる

2008年 12月 21日

c0177264_9404840.jpg

(先月末に勢いで買った液晶テレビ(32インチ)とHDDレコーダー。どちらも東芝製。同じメーカーなので、HDMIケーブル接続で、リンクできている。リンクなんて大したことないと思っていたけれど、予約をする時などに便利であった。レコーダーは凝ったつくりなので、アンプにつなげると、かなりいい音出してます。)


いい天気だ。

昨日も布団を干したが、今朝も干している。

洗い立てのシーツでカバーした、干したばかりの布団にもぐり込んだときに幸せを感じる。

時間があるので、拭き掃除でもしようかと、雑巾を取り出す。

大掃除だ。

床はもちろん、壁と床の境目あたりの添え木(というのか)に溜まった埃を拭いていく。

これはanan年末恒例の掃除特集を立ち読みして、やろうと思っていたこと。

この特集に載っていた大掃除の内容の大半を見て思ったのは「これ、普段やってるんですけど」という上から目線な感想。

なので「大掃除なんて楽勝、楽勝」なんてナメていたけれど、予想以上に埃はたくさん溜まっていた。

誰かが言っていたが、掃除は隅っこをきれいにすることがコツらしい。

隅っこをキレイにすれば全体的にキレイに見える、というものだ。

確かに。

隅っこをキレイに拭いていったが、見た目も良くなったし、気分も良くなった。

んだが、四つん這いになって拭いていくのは結構しんどい。

30平米、1DKの部屋だから、広くはないけれど、それでも拭いていくのは大変だった。

だが、その見返りは十分にあった。

掃除って部屋が生き返る。

で、自分も生き返る。

掃除をすれば幸運がやってくる!なんてコピーをよく聞く。

それは普段掃除をしない人が思いっきり掃除をすれば、普段から掃除している人より一層気持ちよくなって、より一層幸せに感じる度がアップするからだろう、と思う。

掃除や洗濯をちょくちょくやっているのは、それが普通だという家庭に育ったからだろうな、と思うわけで。

これはつまり母の影響だ。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-21 10:06 | ある日の出来事

namie amuro BEST FICTION 2008-2009

2008年 12月 08日

喉の調子は相変わらずで、痰と咳が止まりません。

でも熱はないし、だるくもないので、日曜日は予定通りに昼から宴会。

c0177264_187473.jpg



ジムの会員さんに誘われて、川口マラソン大会の打ち上げ(と言う名の宴会)に行ってきた。(自分は走っていない。)

昨日、ご近所夫婦と一緒に参加した酒屋の試飲会で、「これが一番美味い!」と個人的に大絶賛の日本酒一升瓶を持っていく。

一升瓶を買ったのはいいが、よくよく考えると、冷蔵庫の中は一升瓶を収納するレイアウトをやめてしまったし、何より最近は家で酒を飲まなくなってしまったのだ。

こりゃ、ひとりで飲み切るのは不可能だから、飲み会に持っていかねばな・・・。

と思っていたところに、この宴会だ。

重いだけにご近所飲みで助かった。

会費はこの一升瓶でまかなう。

ずっと飲み続けたいところだが、さいたま新都心へ行くことになっているので、途中でおいとまする。

さぁ、ついに安室奈美恵のライブだ!

半年前に超・先行予約(一般の最初の先行予約)でチケットを取ったのだが、早いもので、もうライブ当日。

夏、秋、冬、と季節は移り変わってきた。

スーパーアリーナでのライブは何度か行ったことはあるが、いつもかなり上のほうの席で、ステージはよく見えなかった。

今回は2階席だが、比較的ステージに近くて、アムロやダンサーたちの踊りをしっかりと堪能することができた。

それにしても何に驚いたかって、全くMCがなかったこと。

これまではMCが面白いアーティスト(平井堅とかBONNIE PINKとか)のライブばかりで、それがライブの醍醐味だと思っていただけに、かなり意外だった。

MCは苦手だからしないけれど、その分パフォーマンスで盛り上げる。

最初から最後までぶっ通しで歌い踊り続けたアムロはすごいなぁ。

同学年生として尊敬します。

ライブが終わったら、もちろん飲み。

居酒屋で、隣席のおばちゃんの吐くタバコの煙で何度もむせてしまう。

連れの方に気を使ってタバコを吸っているがために、こちらに煙がやってくるのでしょう。

あぁ、そこらの居酒屋でも分煙対応してほしい。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-08 02:57 | 観たもの・聴いたもの

オステオパシーを受ける。

2008年 12月 06日

c0177264_2011752.jpg

(写真は、どっちがどっちだか分からない双子の姪達。)

週末だけど6時に起床。カーテンを開けると、どうやら快晴のようだ。まだ日は昇ってなくて薄暗い。シーツ類の洗濯の準備をする。

8時30分から飯田橋にあるオステオパシーで施術の予約をとっている。東京カフェマニアの川口さんのブログで知ったところだ。

近所の整体に1年ほど通っているが、そことは大きく違って、飯田橋のは頭を中心に整えてくれる。頭蓋骨の形を本来の形に戻そうとするもの。

結果的に頭が小さくなったり、小顔になったり、肩こりなどが治ったりする、らしい。

先生がとても穏やかな方で、普段は人の話を聴くのが苦手なのに、この先生に話しかけられるのがうれしくて、「何か話してください!いくらでも聴きますから!」と心の中でお願いしてしまうほどだった。

整体はどんなものであっても、力を入れてゆるめていくものだが、ここのは全然力を入れることなく、ただ指先で頭や首を支えている、という感じ。「今、骨が動いていますよ」と何度か話しかけられる。

そのときの感じをどのように表現すればいいのだろうか。すぐには言葉に出来なくて悩んでいたのだが、頭の中に浮かんできたイメージは、「崖の上のポニョ」の冒頭のシーン。海の中で色々な生き物がふわりふわりと泳いでいる。自分の頭がその生き物のようであり、海そのもののようでもあった。

約90分という長い施術の間、今までに感じたことのない感覚を味わう。頭のほうからから、じわじわと幸せな気分が体中に流れていくような感覚だった。

色々な考えも浮かんできた。「あぁ、あんなことやってみたいなぁ」とか「先生みたいに人を幸せにできたらいいだろうなぁ」とか。

先生には「どんどん若返ってきてますよ」「頭の形が変わってきてますよ」などと言われたのだが、実際、頭を触ってみると、確かに小さい頃からのコンプレックスのひとつである左後頭部の絶壁が少し緩やかになったようだ。

頭の形が歪で大きいのが、ずっとずっとコンプレックスで、どうしても受け入れることの出来ない「マイナス」の部分だった。それが今回の施術で少しでも回復してくれたら、どれだけうれしいだろう。

また来週も受けることになった。今度は50分でいいでしょうということだ。3回ぐらいで通えばいいそうで。一度元に戻れば、首より下の骨みたいに元の悪い状態に戻ることは、ほとんどないということで、通い続ける必要も特になさそうだ。本当に治ればいいなぁ。

ちなみにここの通う患者さんのほとんどが、自分の変わり具合にとても喜んで帰られるそう。いいなぁ、そういうの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここ最近、全然ブログを更新していませんでしたが、それでも来てくださる皆様には感謝感謝です。先週末から風邪を引いてしまって、咳が止まりません。カラダが何か悪いものを出そうとしているのだと思います。特にしんどいわけでもないので、今日もジムに行きました。

なんとかやっていきます。
[PR]
by benji_rara | 2008-12-06 20:20 | ある日の出来事